貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属の買取について

銀(シルバー)の買取相場はいくら?

貴金属買取店では、ゴールド、プラチナだけの取り扱いという店舗もありますが、中にはシルバーの取扱店もあります。
ゴールド、プラチナ、シルバーの3種類を比較してみると、同じ重さであってもシルバーは格段に安いことにもなるために取り扱っていない店舗もあるのですが、それでも貴金属としての価値があるので売ることができます。

シルバーの買取では、アクセサリーや置き物、銀歯などどんなアイテムでも対象となっており、重さと純度によって買取価格が決まることになります。
買取後には、溶かして貴金属としてリサイクルされることになるので、刻印が入っているものであっても売ることができます。
プライバシーも保護されてリサイクルされるので、イニシャルや日付などが入っていても問題はないのです。
ブランド品であってもノーブランド品であっても同じ扱いとなってしまうため、もしも人気ブランドのシルバーのアクセサリーとなると、相場によっては貴金属買取ではなくブランド買取店などで商品として買取をしてもらうという方が価値が高くなる可能性もあります。
この場合には、商品として買取が行われることになるので、刻印が入っている場合には買取を断られるケースもあるということを理解しておく必要があります。
どんなものでも同じように取り扱われるということは、10年前に購入したものであっても新品のものであっても同じことになるので、古くて捨てようか迷っているものであっても買取でお金にすると役立ちます。
シルバーは、比較的やわらかい金属でもあるので、指輪になるとゆがんでしまったり傷がついてしまうこともあります。
また、部分的にパーツが取れてなくなってしまったり、ピアスやイヤリングなど片方しかないとなれば商品として使用は出来ないことになりますが、買取では出した時の純度と重さが対象となるので、どんな状態の商品であっても諦めることはありません。

シルバーの純度は、裏側に刻印が入っているので自分でチェックすることができます。
SVという文字が入っていることでシルバーであることを確認することができ、その後の数字が純度となります。
1000というと100%になり、925となると92.5%となります。シルバー買取では、SV925よりも純度が低いものになると対象外となっていることも多いものです。
刻印が見当たらないというものであったり、小さくて文字が見えないという場合であっても、買取店には査定士がいるので調べてもらうこともできます。
シルバーであることを確認した後に専用の機材で純度が調べられ、重さの計測がされてから買取査定額を出してもらうことができます。
宝石がついているシルバーのアクセサリーの場合には、宝石を取り除いたシルバーの重さで買取査定額が決定することになります。
宝石部分は、宝石鑑定士がいる買取店であれば、別に宝石買取という形で宝石の価値に合わせた買取査定額を出してもらうことができます。

シルバーの相場は常に変動しているものでもありますが、買取店では一日ごとに区切った相場表を用意しています。
つまり、たった一日の差でも買取金額が大きく変動することもあるのです。
また、買取店によってもグラム当たりの買取額に差が出ることもあるので、同じものでも手にすることができる金額に差が出ることになり、たくさん売る場合や重いものを売るとなると、大きな損をすることにもなってしまいます。
その商品の本当の今の相場を知りたいのであれば、同じ日のうちに複数の買取店に査定を出してみるというのが賢い方法となります。
買取査定は無料で提供されているサービスであり、売らなくてもキャンセル料が取られることもないので安心して利用ができます。

貴金属買取は査定額を比較しないと損をする?

プラチナ製のジュエリーやアクセサリー、宝石そのものや金塊などといった金製品を専門的に買い取ってくれる業者は全国的に多々存在しています。
実店舗型もあればインターネット通販形式で査定を済ませてくれるといった買い取り業者もあるため、仮に近所に金製品の買い取り業者がなかったとしても遠隔的な売却が行えるものと認識しておいてください。

プラチナや宝石など金製品を売る際に最も注意しておかなければならないのが、同じアイテムを売るとしても買い取り価格は各店舗や各業者ごとに異なるといった点です。
金塊などの金取引は、売却希望時の金相場で買い取り価格が決まるため、売買手数料の違いこそあれど売却先を変えたところであまり金額が変わることはありません。
しかしジュエリーの場合ある程度相場価格が繁栄されるものの、買い取り業者側の目利きと匙加減で売却価格が決まることがほとんどなので、高品質なアイテムほど買い取り価格に差が生じる場合が多くなっています。
全く同じジュエリーを異なるふたつの店舗で査定してもらったところ、査定額に10万円以上の差が出たというケースも実在しているので、金相場のようにお店や業者を変えたとしても買い取り価格が変わらないなどとは考えずにおいてください。

高級な貴金属買取は査定額を比較しないと損をするといった観点から、最低でも二社から見積もりを出してもらうことが推奨されています。
あくまでも最低でも二社なので、時間的な余裕があるようなら三社でも四社でも満足できるまで査定をお願いするといいでしょう。
どの店舗、どの業者であっても大抵無料で買取見積もりを出してくれますし、即日でいくらと金額を提示してくれるところがほとんどなので、然程労力もかかりませんのでおすすめです。
同じアイテムを売るなら最も高値が引き取ってくれる店舗か業者に売るのが最適ですが、中には買い取り手数料が格段に高いといったところも極小数ではありますが存在していますので、予め売却前に手数料の有無をチェックしておくことも忘れないでください。
手数料が完全無料といったところも多々実在しているからです。

あまりにも古くてサビが生じているような金製品やジュエリーであっても、目視での査定を受けてみた結果想像以上の高値がついたといった例も数多くあります。
既に生産が中止されているレア度の高い商品である場合や、宝石自体が非常に高価で洗浄や研磨といった費用を買い取り側が負担したとしても中古市場で高値で売れるような商品なら、多少古くても高値で引き取ってもらえるようになっているからです。
どうせ古いジュエリーだからと適当に一社だけで見積もりをとってもらわずに、どんなアイテムであっても必ず二社以上で鑑定を受けることが大切になっていることを頭に入れておくといいでしょう。

またアイテムを一つずつではなく、数個一気に売却に出すことで買い取り価格をアップしてくれるといったお店や業者も少なくありません。
個別で売りに出せば違う店舗のほうが高く買い取ってくれるものの、売りたいアイテムを一括で引き取ってくれる場合には最も高値を付けてくれるといったところも探してみれば結構な数があるものと捉えておいてください。
薄利過多を狙って質より量を優先しているような買い取り業者には、ひとつ辺り30万円以下の買い取り価格しかつかないような金製品やジュエリーを売りに出すといいでしょう。
逆にひとつで100万円もするような高価なアイテムに関しては、目利きの優れた本格的な業者に売るように心掛ければ最善の売却が果たせるようになっています。
あくまでも見積もりを参考にすることが最優先ですが、アイテムによってそもそも鑑定を受ける先を変えるというのも有効的だと言えるのです。

貴金属買取の相場を調べることはできるの?

貴金属買取の相場は貴金属ベースであれば比較的簡単に調べることができます。
多くの買取業者では金やプラチナについて相場を表示するようになっているからです。
金の場合にはインゴット、K24、K18、K14、プラチナの場合にもインゴット、Pt1000、Pt900といった形で品位に応じて1gあたりの取引価格について明示するのが一般的になっています。
店舗営業をしている業者の場合には毎日情報を更新して店頭に掲載していることがよくありますが、インターネットによる取引も活発になった影響でホームページ上に記載していることも少なくありません。
1gあたりの相場がわかっていれば金製品やプラチナ製品を売りたいというときに相場価格を計算することは簡単です。
金であれば金価格、プラチナであればプラチナ価格、両方を使っている場合にはそれらを合わせた値が相場価格になります。
売りたいと考えている商品の重さを測って、品位の違いに応じて適切なレートを利用して積算を行えばいくらで売れるかがおよそわかります。

一般的にはこのような計算で相場を調べることができますが、やや難しくなるのがネックレスやジュエリーの場合です。
業者によっては必ずしも貴金属として売却するのではなく、中古品として売却することを考える場合があります。
その方が高く売れる可能性が高いと業者側が判断するからであり、貴金属ベースでの買取価格よりも査定価格が高くなるのが一般的です。
ブランド物でよく知られている商品の場合には相場リストが作成されていてその金額で買い取ってもらうことができます。
そうでない場合には相場を調べるのは難しく、個々に業者に査定を依頼して比較を行い、相場がどの程度かを判断しなければなりません。

また、業者によって提示されている貴金属相場に基いて計算された相場価格については実際の買取価格とはやや違いがあります。
査定を受けてみるとその相場価格よりも低いことの方が多いのです。
これは業者が買取の際に手数料を取得しているからであり、およそ2割から3割が業者の利益として徴収されています。

この視点から注意しなければならないのが店舗に掲載されている相場やホームページに記載されている相場が必ずしも市場価格から直接計算された値ではなくて手数料も含んでいる場合がある点です。
貴金属市場として世界市場を基準にして日本国内での相場が計算されていますが、これは市場価格と為替レートによって一意に決まるものなので計算したタイミングが同じであれば金額は同じになります。
そのため、どの業者の表示を見ても大差はないのが基本ですが、実際には2割前後の違いが生じていることがあるのです。
この原因は手数料を加味したレート表示になっている業者もあるからです。
手数料の有無について表記している場合が多いものの、わかりやすいように明示していない場合や、見積もりを取ってみるまではわからない場合もあります。
この点には留意して使用しなければならないのが業者によって表示されている相場価格です。

より確実なのは投資家向けのチャートを確認して市場価格を確認する方法です。
金やプラチナは現物取引で投資を行っている人が国内にも多く、世界市場から単位換算を行って円ベースやドルベースでの価格をリアルタイムで調べられるようになっています。
この市場価格を参考にして計算をすればより正確な相場価格を計算することが可能です。
買取価格についても業者に問い合わせれば手数料がどのように設定されているかがわかるため、自分自身で具体的に計算することができます。
査定を受ける手間をかけずに売り時を判断するには優れている方法です。

貴金属買取は有名な業者だと高く買取ってくれるの?

プラチナや金製品などの貴金属、あるいはダイヤモンドなどの宝石、ジュエリーの買い取り価格は、有名な業者ほど高くなるものなのでしょうか。
ちょっと考えてみれば当たり前とも言えることなのですが、業者が有名かどうかというのは査定に直接影響するようなものではありません。
そもそも、金には金相場が決まっていますし、プラチナについても同様です。
リングなどのブランド品の場合、ブランド品としての付加価値がつくことも全くないとは言いませんが、これら貴金属については、原則的にはブランド品かどうか、デザイン的に優れているかどうかという要素は買い取り価格とは無関係です。
そういう要素ではなく、単に重さ、どれだけの量の貴金属が含まれているのかによって相場が決まるのです。
そのような相場がある以上、買い取り業者が有名かどうかということには関係がないというのは誰にでも分かるでしょう。
相場はどんな業者であっても平等なのですから、有名な業者ほど相場が高い、有名でないから相場が低いということには必ずしもならないわけです。

ただし、貴金属市場においても、大口での取引にはメリットがあることも事実です。
どんな業種であれ、まとめて大量の取引をしてくれるような業者に対しては何らかのインセンティブを出すことが多いでしょう。
有名な業者にはそれだけ多くの顧客が集まりやすく、大口の取引を行う機会も増えるため、業者として有利な立場にあることも多く、その有利さを顧客に還元できる余地も大きくなる可能性はあります。
つまり、それだけ高く買い取ってくれる可能性もないわけではありません。

しかし、有名な業者というのはただで有名になっているわけではないでしょう。
それだけ広告宣伝にお金をかけないと有名にはなれないかもしれませんし、優秀な社員を多く集めるためには同業他社よりも多くの給料を社員に支払わなければならないかもしれません。
そういうところにお金が掛かっているために、顧客に還元できる余地など限られているかもしれないのです。
あるいは、有名であるために放っておいても顧客が集まってくるので、とくに企業努力などしなくても全く問題ないという業者さえあるかもしれません。
こういう業者はそれこそ買い取り価格は他の業者よりも安いこともあるかもしれないのです。

このような理由が複雑に絡み合っていますので、結局のところ有名な業者だからというだけでは、他と比較して高いとも、同じだとも、低いとも言えないということになるでしょう。
査定においては有名かどうかということのほかにも、いろいろな要素があるということです。

では結局のところ買い取りを希望する人はどうすればよいのかというと、やはり複数の業者に対して見積もりを取ることに尽きるでしょう。
これほど強く、かつ明確に差が示せるものはなかなか他にはありません。
業者優位に話を進められてしまうようなことを避け、こちらのペースで話を進めるためにも、ぜひとも複数の業者に対して見積もりを取ることを第一に考えましょう。

しかし業者側もさるもので、複数の業者に見積もりを取ろうとしていることくらいは当然察しています。
それを諦めさせるために、例えば見積もり時にその場で即決してもらえばさらに何パーセント高くする、即決できなければその分は無しになるなどと言って、複数業者からの見積もりを取ることそのものを止めさせようとすることも少なくありません。

しかしこんな手口に乗せられてはいけません。
本当に買い取り価格に自信があるならこんな方法など使う必要がないからです。
即決する必要など全くありません。
そこで示された数パーセントなど吹き飛ぶほどの違いが生じる可能性が高いのです。

貴金属やバック買取業者の選び方

ここ数年において景気の上昇にともなってブランド品への人気が非常に高まっています。
ルイヴィトンやシャネルなど百貨店における特選ブランドの売り上げは今好調に推移しており、これらのブランド品を所有する人そして所有したい人が増加しているのです。

このような中で今、注目を集めているのがブランド品や時計などの貴金属買取サービスです。
ルイヴィトンやシャネルなどのブランドはシーズン毎に常に新作の商品を発売しています。
そして、これら最新のアイテムをトレンドやシーズンに合わせて着用したり身に着けていたい人々にとって、このようなブランド品の買取サービスは非常に魅力的なものとなっているのです。

そして現在このようなブランド品買取サービスは、これを利用したい人々にとって非常に便利なサービスを開始しています。
以前このようなサービスを利用する際は、実際にこのようなサービスを行っている買取業者の実店舗に売却したい品物を持って赴き、そこで買取業者が行う買取査定を待たなければ利用することができませんでした。
しかしながら、今日このような買取業者はより利用者にとって利用しやすいように宅配買取など新しいサービスを開始し始めているのです。

この宅配買取サービスを利用するための主な流れは、まず希望者がこのサービスを行っている買取業者に申し込みを行うことから始まります。
その後、自宅に宅配キットが届くのでこのキットに売却を希望する品物を入れ、買取業者に返送することで買取査定の依頼が完了します。
すると、数日後査定額が希望者まで送られてくるので、その買取査定金額に納得できれば取り引きが完了しするといった流れとなります。

このサービスは洋服やバッグはもちろんのこと財布やアクセサリーのような小物でも洋服やバッグなどと同様に利用できるので、非常に手軽に利用できるサービスとして需要が伸びています。
さらにこのようなサービスは自宅の周りにブランド買取店などがない環境に住んでいる人たちにとっても、簡単に利用できるということで人気が高まっているのです。
そしてこのサービスは忙しい現代人にとっても実店舗まで重い荷物をもっていくといった手間や時間を省き、空いた時間を有効に活用でき不要になったものを整理できるということからも利用者が急速に増加しているのです。

また、このような宅配買取を行っている買取業者は実店舗を設けていない買取業者も数多く存在しており、これらの買取業者は人件費や店舗経営にかかる経費などの費用が節約できるため、その分を買取査定後の価格に反映させることにより利用者へ還元しているところが多く、このことから実店舗を設けている一般的な買取業者よりも買取査定額が高くなることも少なくないのです。

今、このようなブランド品の宅配買取サービスを行っている買取業者はインターネットでも簡単に検索できることも特徴です。
このことから利用者にとってこのような買取業者がより身近な存在になっていることも人気の一つの理由となっています。
そしてこのような人気の高まりから、インターネットではこのような買取業者の人気ランキングなどを掲載しているサイトなども数多く存在しており、これらのサイトを参考に買取業者を選ぶ利用者も増えているのです。

これらのサイトは買取業者のより詳しいサービスを確認することが可能であることから、利用者は各買取業者のサービス内容や強みを自ら確認し、自分の生活に合わせたより利用しやすい買取業者を選択することができるのです。

このようにして近年においては、このような買取業者の宅配買取サービスを上手に利用し手間や時間をかけることなく、最新のファッションを楽しむ人々が増えているのです。

貴金属の高価買取をしてもらうには?

金製品やプラチナ製品などを高価買取してもらいたいと考えると、買取先の候補として重要になるのが貴金属買取業者です。
金やプラチナはそれだけでも高額で取引されていることから、含有量が十分に多い場合にはどのような製品であっても高額で買い取ってもらえる可能性があります。
メダルやトロフィー、あるいは金の延べ棒のようなシンプルなインゴットであっても買い取りをしてくれるのが特徴です。
基本的には含有量の多さによって買い取り価格が決定するため、大量の貴金属が使われていればそれに比例した形で価格が高くなります。
貴金属の買取価格については相場が世界市場と為替レートによってほぼ決まってしまうため、業者間で異なるのは手数料だけということが多いのも特色です。
店舗にはその日の買い取りレートについての表示が行われていることがよくあります。
高価買取をしたいときにはそのレートが高くなっている日に査定を依頼することが重要です。
また、予め手数料を確認しておいてできるだけ払う金額が少なくて済む店舗を探しておくと高価買取を実現できます。
店頭に行かなくてもインターネット経由で取引を行うことも可能です。
その場合には宅配便を使用したり、自宅に出張に来てもらったりすることになります。
無料で行っていることが多いものの、手数料を請求されるばあいもあるので確認しておかなければなりません。

また、高価買取を目指す上で重要なのが売りたい製品に含まれている貴金属の重量を予め自分で計算しておくことです。
製品自体の重さと使用されている貴金属の品位がわかれば何グラムの貴金属が使用されているかがわかります。
それに基いて金やプラチナに換算していくらと計算されるのが妥当かも計算しておくと安心できるでしょう。
査定を受けたときにはその作業を行ってもらうことになりますが、計量の時点でミスがあって安く買い叩かれてしまうということもないわけではありません。
見積もりをしてもらったときには重量がどの程度であったかも含めて、査定価格を計算した方法についても明示してもらうようにすると、不正な形で査定されてしまうことがなく、本来あるべき価格で買い取ってもらうことが可能です。

一方、売りたい製品がそれ自体で市場価値がある場合にはそのままの形で買い取ってくれる業者を選んだ方が高く売れる可能性があります。
リングやネックレスのようなアクセサリーの場合には高級アクセサリーの買取専門店に売った方が高く売れることも少なくありません。
特にブランド製品の場合には貴金属としての価値に加えて、ブランドによる市場での人気の高さが影響して高額での取引が行われている傾向があります。
アクセサリーだけでなく時計も同様であり、人気のあるブランドの場合には高い相場になっているので専門業者に査定を依頼するのが賢明です。

ジュエリーが使用されている製品の場合には宝石の買取専門店の方が高く買い取ってくれる場合もあります。
大型のダイヤモンドのようにそもそも製品としての価値のほとんどがジュエリー部分にあるというときには宝石としての流通ルートを持っている専門業者に依頼するのが最も高く売れる可能性がある方法です。

売りたい製品によって適切な業者を選ぶことが高価買取をしてもらうために重要になりますが、どの場合にも重要なのが状態の良さです。
貴金属そのものはあまり劣化しないものが多いのは確かでしょう。
しかし、汚れが目立つ場合には印象で査定価格を下げられてしまう場合もあります。
十分な手入れをして可能な限り美しく見えるようにしてから依頼をするのが高価買取をするための基本です。
あくまで人がいくらで買い取るかを決めていることは念頭に置いておく必要があります。

ダイヤモンドの買取相場は?

女性のアクセサリーはとても人気が高くて、その中でも恒久的な輝きを放つ宝石は、大変魅力的です。宝石を使用したアクセサリーにはネックレスや指輪などさまざまなタイプのものがあり、色々な場面によって着けるものを変えたりして、楽しむ女性は多いです。
いつの時代になっても、年代問わずジュエリーは女性を最大に輝かせるアイテムの一つです。

そして、数多くある種類の宝石の中でももっともポピュラーで人気のあるものとして「ダイヤモンド」や「プラチナ」などが挙げられます。
中でも「ダイヤモンド」は宝石の王様とも呼ばれています。
日本ではマリッジリングやエンゲージリングにも使用され、大変高い人気を誇っています。

また、ダイヤモンドの特徴として現金への換金率も高くなっています。
ダイヤモンドは、大変希少価値が高いです。
他の宝石などは、買い手と売り手の取引で買取価格が決まり、双方の価値観と交渉によって買取価格が変わってきます。
また、その店舗の在庫状況によってもかなり変動します。
しかし、ダイヤモンドの買取の場合は、国際的な価値に基づいて取引がおこなわれており、この相場によって買取価格がある程度決まっているのです。

ダイヤモンドそのものに価値があるので、ダイヤが入っているものは必ず値段がつきます。
しかし、買取査定額の決定にはいくつかのポイントがあります。
ブランド品かノンブランドかどうか、重さ・色や透明度・技術加工など使用されているなどダイヤの品質、デザインやサイズ、イニシャル・入っていたジュエリーボックスの有無など品物の状態、鑑定書の有無などの、さまざまな要素を検討した結果が買取査定額に反映されます。
また、店舗によっても買取価格は多少変動があるでしょう。

ブランドものとノンブランドのものではかなり買取価格は変わります。
最も代表的なブランドとしてハリーウインストンティファニーが挙げられますが、ハリーウインストンでは定価が120万円のもので、買取価格は40万円前後で定価の40~50パーセントつく場合があります。
ノンブランドでは、定価の10~20パーセントと言われています。
大きさや状態など総合的にみるとダイヤモンドの買取相場は、ブランドもので大きさや透明度などが良いもので定価の30~50パーセントとしてみておくと良いでしょう。

少しでも買取査定額をアップしたいなら、ジュエリーを店舗に持ち込む前にブラシなどでほこりを落としたり、布で磨いて綺麗な状態にすると印象は良いです。
また、箱や袋などの付属品を一緒に持ち込む、鑑定書も必ずつけることなどが挙げられます。
商品の状態が良ければ良いほど、高値の金額で買い取ってもらうことができます。

先ほどものべたように、ダイヤモンドは、どんなに古いものでも価値があり、値段がつきます。
たとえイニシャルが入っていても金属を溶かしてダイヤを取り出せば、また全く違う宝飾品に生まれ変わります。

ダイヤモンドとプラチナでできているジュエリー類などは、デザインや年代に関わらず、必ず買取ってもらうことができるでしょう。
自宅に長い間眠ったままのダイヤモンドがあれば、ぜひ一度、買取してもらうことをお勧めいたします。
また、適切な金額で買取をしてもらうために、ダイヤモンド買取の相場を事前にリサーチしておくこと、店舗がダイヤに強いか、専門の鑑定員が在籍しているかどうかなどをしっかりリサーチしておくことが重要です。
少しでも疑問点があれば、トラブルが起こらないように事前に電話やメールなどで問い合わせしておくことがお勧めです。

大切なジュエリーを少しでも高値で買取ってもらえるように、さまざまな下調べを行うことはもっとも重要です。

貴金属の買取価格はどのように決まる?

貴金属を使用しているジュエリーやアクセサリー、時計などの買取を貴金属買取業者に依頼するときには、買取価格は貴金属ベースで決められるのが一般的です。業者によってはその日の相場を金プラチナを代表としてシルバーなども含めて明示していてくれる場合があります。
このような相場を明らかにしているのは誰もが計算することができるからです。
世界市場の金相場から日本での地金相場を求めることができれば、金やプラチナなどがどの程度の金額で取引されるかがわかります。
金製品やプラチナ製品についてはこれが元になって買取価格が決められているのです。
ジュエリーの場合にはさらに宝石の相場を加味することで査定が行われています。

具体的に行われているのは金の場合には次のような計算です。
世界市場としてロンドン市場は金相場では最も信頼性があるとされています。
ロンドン市場における金価格はドルベース、トロイオンスベースになっているので、これを円ベース、グラムベースに換算するのが最初のステップです。
ドル円の為替相場は為替情報から容易に入手可能であり、トロイオンスとグラムの換算は31.1035g/トロイオンスという計算式を用いて換算することができます。
世界市場価格を31.1035で割り、ドル円相場によって円に換算した値が日本での地金相場です。
これに対して買取を依頼したいアクセサリーやジュエリーなどに含まれている金の含有量を計算して掛けることにより市場価値としてどの程度かを調べることができます。
金の含有量についてはK18、K24といった品位の表記とアクセサリーなどの重さから計算することが可能です。
K24は純金であるためアクセサリーなどの重さが金の含有量になります。
K18の場合には24分の18が金なので4分の3をアクセサリーなどの重さに掛けたものが含有量です。

このようにして金やプラチナ、シルバーや宝石などについて個々に市場価格を計算します。
そして、計算された値から手数料を引き去った金額が査定を依頼したときに提示される買取価格です。
手数料の相場は計算によって求めた市場価格の1割から3割程度であり、2割から2割5分を取るのが一般的になっています。
この手数料は買取業者にとっての利益になる部分でもありますが、それに加えてリスクを減らすためのマージンにもなっています。
貴金属相場も為替レートも刻々と変化していることから、買取を行ってそれを現金に変えるまでの間に商品価値は大きく変動するリスクがあるのです。
価値が上り調子の場合には業者の得られる利益は増えていきますが、貴金属の価格が下落しているときや為替レートが悪くなっているときには利益が小さくなってしまいます。
価値が低下しているときには売らずに在庫として抱える必要も生じますが、その間にも新しい在庫を手に入れるために買取をしなければなりません。
その運用資金を十分に確保するためには手数料を取らざるを得ないのです。
概して規模が小さかったり起業して間もなかったりする買取業者の場合には運用資金が必要になるため手数料が高くなりがちであり、逆に全国シェアを持っているほどに大きな業者の場合には手数料を下げられるようになっています。
査定をしてもらって買取価格を決定するときには市場の影響だけでなく業者がどれだけの利益を必要としているかも影響を及ぼすことを念頭に置いておくことが欠かせません。
相場が同じであっても業者によって買取価格として提示される金額が異なるのは、アクセサリーなどの品物の価値の良し悪しを正しく判断できる能力が求められることに加えて、利益をどれだけ確保しなければならないかに左右されるからなのです。

最新の記事 »